お米が出来るまで|池内ファームは九州産の美味しいヒノヒカリをお届け出来るよう通販をしております。是非ご利用下さい!

お米が出来るまで

「ヒノヒカリ」が出来上がるまで

お米は1年をかけてじっくり育てられます。春から始まるお米づくりの流れをご説明致します。

3月~4月【種の選別】
3月~4月【種の選別】
田植えの準備は気候のよい時期に行います。
まずは、お米になる種の選別から始めます。
選り分けた種に水を吸わせ、発芽に必要な水分をあたえ、発芽しやすい状態にします。
5月【種まき】
5月【種まき】
芽を育てる育苗箱(いくびょうばこ)で苗を育てます。その育苗箱に撒いた種は、ビニールハウスで保護された「苗床」で育てます。
苗床とはお米を育てるスペースのことです。苗をまっすぐ育てるために、苗床は水平にしています。
6月【田起こし・田植え】
6月【田起こし・田植え】
田んぼに水をはり、田んぼの土を均等にならしていきます。
苗床で育ったお米を田んぼに植えます。
田植えの直後は、しばらくの間田んぼの水をやや深め(5センチメートルくらい)にし、寒さや風から赤ちゃん苗を守ってやります。
7月【生育状態を確認】
7月【生育状態を確認】
稲が病気にならないように除草剤を撒いたり、大きく育つように肥料を与えながら大切に育てます。
8月【中干し】
8月【中干し】
茎が出だした頃に田んぼの水を抜き、土を乾かして土の中に酸素を取り入れます。
9月【お米の状態を確認】
9月【お米の状態を確認】
稲の育ち具合を見ながらお米がおいしくなるようにミネラル肥料を与え、病気の予防をします。
実り、穂が垂れて始め、田んぼが黄金色に輝きます。
10月【稲刈り】
10月【稲刈り】
田んぼが一面黄色く色づくといよいよ収穫です。
コンバインを使って計画的に稲刈りします。
刈った稲はそのまま、乾燥機へ移し、稲を乾燥させるのに約1~2週間かけます。
天日に当て乾燥し終わったらもみの部分だけを稲穂から取りはずします。取り入れたもみからもみ殻をはずし中身だけを取り出します。
もみ殻を取り除いた後は、そのまま袋詰めにし、お米専用の冷蔵庫へ保管します。
これで玄米の出来上がりです
みなさまの元においしいヒノヒカリをお届けいたします”

メールフォームはこちら

オンラインショップ

お問い合わせはこちら

清流北川のお米 池内ファーム
〒889-0101
宮崎県延岡市北川町川内名6440-9

冷めてもおいしい清流北川のお米 池内ファームのヒノヒカリを全国の皆様にお届けできるよう、通販を始めました。九州産のヒノヒカリを是非この機会にお買い求めくださいませ。

  • 090-5487-1039
  • メールはこちらから

ページの先頭へ